Archive for 美容

生活習慣が主因の病気は?

黴菌やウィルスなど病気を導く病原微生物が口から肺の中に潜り込んで発症してしまい、肺自体が炎症反応を呈示している様を「肺炎」と総称しているのです。

生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓(すいぞう)に存在する血糖値を下げるインスリンの源であるβ細胞が何らかの理由でダメージを受けてしまったことにより、結果として膵臓からほぼインスリンが分泌されなくなることで発症に至る自己免疫性の糖尿病です。

頸椎などが痛むヘルニアとは正しくは椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨と背骨の間に存在して緩衝材に近い役目を担っている椎間板(ツイカンバン)という名称のやわらかい円形の線維軟骨が突出してしまった症状のことを表しています。

肝臓を元気な状態に維持するには、肝臓の毒素を分解する力が衰えないようにすること、要するに肝臓を老けさせない対処法を迅速に実行することが重要だと言われています。

植物に存在する化学物質、フィトケミカル(phytochemical)の類であるスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリースプラウトに含まれる化学物質が、肝臓の持つ解毒酵素自体の創造を促しているのではないかという真実が明らかになりました。

ポリフェノールで最も有名な特性は水溶性のL-アスコルビン酸や脂溶性のV.E.(ビタミンE)などとは違っており、細胞と細胞の間の水溶性部分や脂溶性の部分、加えて細胞膜でも酸化を防ぐ作用を持っています。

食中毒を引き起こすことのあるブドウ球菌(ぶどうきゅうきん、staphylococcus)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌であり、毒の極めて強い黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン、staphylococcus aureus)と一方は毒力があまりないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2種があるのです。

素人判断では骨折しているかどうか区別がつかない時は、怪我をした箇所の骨を弱い力で触れてみて、もしその位置に激しい痛みを感じたら骨が折れているかもしれないので、すぐ整形外科を受診しましょう。

胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、食事の欧米化や煙草・嗜好品・肥満症などのライフスタイルの乱れ、ストレスに縁り、最近、日本人に患者が多い疾患の一つです。

トコトリエノールの働きとしては酸化を防ぐ働きが格段に認識されていますが、加えて肌を美しく保つ作用や、血清コレステロールの生成を抑えるということが確認されています。

通行中の交通事故や作業現場での転落など、かなり大きな力がかかった場合は、複数の部分に骨折が生じたり、骨が外部に露出する開放骨折となったり、重症の時は内臓が破損することもよくあります。

前立腺という生殖器は生育や活動にアンドロゲンが大変深く関係していて、前立腺に現れたがんも同じく、アンドロゲン、すなわち男性ホルモンに影響されて肥大化します。

くしゃみ、鼻みず、鼻づまりに目の痒み・ゴロゴロする異物感などの花粉症の辛い諸症状は、アレルギーを誘引する花粉の放出量に追従するように酷くなるという特徴があるそうです。

コンサートやライブなどの開催場所や踊るためのフロアなどに設置されている特大スピーカーの真横で爆音を聞いて耳が遠くなる症状を「急性音響性難聴(きゅうせいおんきょうせいなんちょう)」と言うのです。

食べ過ぎ、肥満、運動不足、不規則な生活、多忙によるストレス、加齢といった様々な誘因が混ざり合うと、インスリンの分泌量が減ったり、機能が鈍化したりしてインスリン注射の必要な2型糖尿病(ICD-10:E11)を発症するのです。